思い切って海外旅行に行こう

思い切って海外旅行に行こう

海外旅行は燃油サーチャージを勘案して予約

子供の頃に石油は後数十年経ったら枯渇するようなことを聞いたことがあります。省エネが世間で言われながらも長らくは石油に頼っていました。最近ようやく石油以外のエネルギーも出始めています。では石油の枯渇状況はどうかといえば今のところは問題無いとされています。当時見つかっていなかった油田の発見やシェールガスの利用があります。また日本近海にもメタンハイドレートと呼ばれる資源があるとされています。まだまだ大丈夫のようです。

とは言え現在は現在の石油の生産量で石油の価格が変動することになっています。飛行機の運行には大量の石油が必要で、価格の変動を航空料金に反映させないと航空会社も大変です。海外旅行をする時に燃油サーチャージと呼ばれるものについて記載があり、追加料金として示されることがあります。これは石油の価格が上昇したとき、それに合わせて追加で徴収しますとなっているものです。航空会社、行き先などによって決められるとされます。

概ね2箇月に1度の割合で変更されるとのことですが、航空券はどのように買えばいいかです。実際に登場するときではなく、航空券を予約して代金を支払った時の燃油サーチャージが適用されます。上がると予測されるなら早目に買っておきます。