思い切って海外旅行に行こう

思い切って海外旅行に行こう

海外旅行は燃油サーチャージで航空会社を選ぶ

海外旅行ツアーのパンフレットを見ると利用航空会社が記載されていることがあります。日本人として気になるのは日本の航空会社が海外の航空会社かになるでしょう。日本の会社であれば当然客室乗務員も日本人です。何かとコミュニケーションは取りやすいです。海外の航空会社では現地の客室乗務員になります。日本に乗り入れているので誰かは日本語ができると思いますが全員ではないでしょう。日本の航空会社よりも少し利用がしにくいかもしれません。

その他に気にしたいこととしては、航空会社によって燃油サーチャージが異なることです。同じ国の航空会社の場合は大体同じような金額にしているようです。ただ、国が変わると同じ路線でも金額が変わることがあります。旅行代金はどの航空会社でも同じになっていながら、燃油サーチャージに関しては別途徴収するとあれば当然航空会社毎に適用されてしまいます。大きな差はないとは思いますが、できれば安い会社を選びたいところです。

格安航空会社として知られるLCCに関しては、会社によっては燃油サーチャージを徴収しないところがあります。徴収するところでも一般的な航空会社よりは安くなっているようです。航空料金だけで決めないようにしたいです。